社員インタビュー

製造部
2015年入社
群馬大学大学院 理工学専攻 卒業

中村 俊介

起こった事象に関して原因を考えて
試行錯誤しながら問題を解決しています。

入社後は製造部抄紙課に配属となり、抄紙機をオペレートして、溶かした紙繊維をシリンダーの金網に連続的に吹き付けて紙層を形成する仕事を担当しています。機械は24時間ずっと動いているので、仕上がり状態を常に監視し、紙に穴が開くなど不調があったときに対応するのがメインの仕事。起こった事象に関して、原因を考え、温めるガスの乾燥の条件を変えてみたり、薬品のバランスを変えてみたりして、問題を解決します。もちろん上司に報告・連絡・相談をするのですが、自分の考えが当たって一人でトラブルを解決できたときは達成感がありますね。

当社では毎月、上司との評価面談があります。「今月は、こういうところを頑張ったね」とほめられたときはうれしいですね。「自分のことをちゃんと見ていてくれている」と実感でるし、それが最終的に評価につながっていくのでやりがいを感じられます。将来の目標は、後輩から頼られる先輩になること。当社は教育制度が充実していますし、資格取得も会社が支援してくれます。さまざまな知識や資格を身につけて、目標を達成したいと思います。

とにかく飲み会が頻繁にあるのが当社の魅力。私も嫌いな方ではないので、毎回楽しく参加しています。普通の会社だと同期だけで行くことが多いと思いますが、当社の場合は社長も上司も含めての懇親会。距離感が近くなって、仕事でも話しやすくなるところがいいですね。