社員インタビュー

営業部
2013年入社
玉川大学 農学部 卒業

三枝 大輔

実際に自社製品が売れている現場を見ると
お客さまに支持されていることが実感できます。

入社後は営業部に配属。先輩に同行して営業の基本を学び、2年目から一人で営業するようになりました。商談、小売店での陳列販売、販売応援などが主な仕事です。もちろん新規営業にも注力。小売店のバイヤーさんは多忙で、なかなか商談の時間をいただけないのですが、飛び込み訪問から商談にこぎつけられたときは、本当にうれしいですね。3年目には営業を続けながら採用担当を兼任。説明会の進行や面接、内定後のフォローなどを行っています。

新店オープンのときにお店のスタッフとして販売応援に入ることがあるのですが、実際に自社製品が売れている現場を見ると、お客さまに支持されていることが実感できます。トイレットペーパーは小売店の販売促進の目玉商材になることが多く、自分が提案した製品がチラシに掲載されて数字が向上したときは、やりがいを感じますね。また、私が担当しているバイヤーさんが人事異動で交代になるとき、「三枝さんが担当でよかった」と言われたことがあります。「営業をやっていてよかった」と思いました。今後は、資源開発や物流など営業以外の仕事も経験して幅広くスキルアップしたいですね。そのあとに営業に戻ってきたとしても、その経験はきっと仕事に役立つはず。会社に貢献できる人財になることが私の目標です。

職場は一言でいうとアットホーム。気配りができる人ばかりで、自分のことより周りの人のことを考えられる人が多いですね。また、月に一度は部署内で飲み会もありますし、新年会などのイベントで全員が集まる機会もあります。休日には他部署の人とも一緒にフットサルやゴルフをやったり。仲がいいのが特長です。