会社概要

昭和20年の創業以来、『高度な技術力』で再生紙によるトイレットペーパーを製造。リサイクルという仕事を通して、地球の未来の幸せに貢献しています。 昭和20年の創業以来、『高度な技術力』で再生紙によるトイレットペーパーを製造。リサイクルという仕事を通して、地球の未来の幸せに貢献しています。
  • 機密書類の溶解処理

    企業や官公庁から出る機密書類を特別な技術で溶解。企業は安全に情報を処理できる、
    私たちにとっては原料費のコストダウンになる、一石二鳥の技術です。

  • 品質と価格の追求

    再生紙なのに、バージンパルプに匹敵するほどのやわらかさと使いやすさ。
    高い技術力が生み出す品質の高さはお客さまから定評をいただいています。

  • 低価格への挑戦

    省エネ、生産効率、バックヤードのIT化など、さまざまな分野の技術の融合で、コストダウンを実現。
    技術者たちの創意工夫の賜物です。

  • 究極のエコロジー

    会社が一丸となってエコに取り組み、環境に負荷をかけない工場を実現。
    埼玉県の「彩の国 経営革新モデル企業指定」を受けることができました。

所在地 〒334-0013 埼玉県川口市南鳩ヶ谷8-1-10
TEL:048-283-3620
設立 昭和20年
資本金 1,502万円
従業員 131名
売上高 82億21万円(平成26年3月期)
事業所 本社/埼玉県川口市南鳩ヶ谷8-1-10
沼津工場/静岡県沼津市桃里464番地
主な取引先 「スーパーマーケット」イトーヨーカ堂、ヨークベニマル、ベイシア、サミット、マミーマート
「ドラッグストア」カワチ薬品、ウエルシア薬局、など
「ホームセンター」カインズ、ジョイフル山新
「ディスカウントストア」ミスターマックス
「コンビニ」セブンイレブン
物流体制 首都圏に位置する唯一の再生紙100%家庭紙メーカーとして、自社専用トラックを使った配送体制と徹底したIT化により工場からお客様の各店舗へ直送するというキメ細かく正確な物流体制を構築しています。
7トントラック:10台
4トントラック:4台
他契約車両:70台
沿革
昭和20年 初代社長が横浜市鶴見区に鶴見製紙(株)を設立
昭和41年 鶴見区本社工場を閉鎖、鳩ヶ谷工場を本社工場とする
昭和57年 2号抄紙機を改造、トイレットペーパーの生産を開始
平成02年 3号機抄紙機完成
平成07年 新仕上工場、倉庫及び新社屋完成
平成08年 里和永一が代表取締役に就任
平成12年 パルソーターを新設。機密書類の受入を開始
平成14年 重油を都市ガスに転換。ガス貫流ボイラー導入(NOX、SOX、CO2対策完了)
平成15年 新2号抄紙機完成。月産3500トン体制構築。
平成16年 機密古紙受入で業界初の動画による溶解証明書サービスを開始。